ナビゲーションを読み飛ばす

佐世保市議会インターネット中継

※検索結果一覧

  • 自民党市民会議
    田山 藤丸 議員
  • 令和2年6月定例会
  • 6月18日
  • 本会議 一般質問
1 ポスト・コロナ時代の展開について
  新型コロナウイルスが経済・社会に与える影響が注目さ
 れています。観光面では、外国人観光客等のインバウンド
 は早期の回復が難しいとされ、近隣地域の観光客を動員す
 るような「域内観光」の活性化が求められます。また、働
 き方や住まい方も「逆参勤交代」が指摘され、リモートワ
 ーク、スマートライフが可能な環境整備による「関係人口」
 の創出、移住対策が重要だと考えますが、本市の考えを伺
 います。さらに、俵ケ浦半島開発等の既存事業を見直す可
 能性についてもお尋ねします。

2 病院船、災害救助船の誘致について
  政府は、海上で患者の搬送や治療ができる「病院船」「災
 害救助船」の導入を検討するため、令和2年度補正予算に
 調査費を計上しました。感染症対策や国内外での大規模災
 害時に活用が期待される「病院船」の誘致は、造船所を有
 する本市にとって有益であり、製造・維持はもちろん、技
 術力の向上、乗組員の供給・人材育成、ロボット化や先端
 医療等、ソフト面の開発にもつながる可能性があります。
 また、海上自衛隊による運用が想定されることから、陸・
 海自衛隊、自衛隊病院等が立地している本市はまさに適地
 であると考えられ、アジア・太平洋地域に近く、海外の被
 災地派遣を通して国際貢献分野での佐世保港の多様化も図
 れるのではないでしょうか。そこで、本市への「病院船」
 「災害救助船」の誘致、母港化について、本市の考えを伺
 います。

3 コロナ禍における避難所、防災計画の在り方について
  近年、地球温暖化の影響により集中豪雨、台風襲来が相
 次ぎ、河川の氾濫や土砂崩れ等、災害リスクが高まってい
 ます。今年も梅雨時期が迫りつつあり、また新型コロナウ
 イルスの流行から、不安を感じている市民の方々がいます。
 一方で、内閣府は感染を恐れて避難をためらわないよう「危
 険な場所にいる人は避難が原則」と呼び掛けており、本市
 も令和2年6月1日、「避難所における新型コロナウイルス
 感染症対策」を打ち出しました。そこで、3密防止対策を
 行った上での避難所の充足状況、避難者の受付や記録、換
 気等、避難所業務の増加による人員不足、マスクや消毒液、
 体温計などの資材不足等への対応をはじめ、さらに地域防
 災計画の見直しや地域防災マネージャー制度、防災士の活
 用について、本市の考えを伺います。
再生する
  • 令和2年3月定例会
  • 3月6日
  • 本会議 一般質問
1 若者の定住促進について
 ○ 定住人口増減率の分析
 ○ 学生の地元企業とのマッチング
 ○ 公園遊具、屋内遊び場の在り方

2 次期都市計画マスタープランについて
 ○ 水陸機動団を取り巻く環境整備
 ○ 相浦土地改良区の現状と今後の可能性

3 自治体シンクタンクの役割と大学連携について
 ○ 政策推進センターの設立意義と今日までの成果
 ○ 大学との連携の在り方
再生する
  • 令和元年12月定例会
  • 12月12日
  • 本会議 一般質問
1 子ども・子育て施策について
  現在、本市でも生産年齢人口の減少が進んでおり、出生
 率を改善させるために多様な施策が実施されているが、そ
 れぞれの事業効果についてどのような検証が行われている
 のか。さらに、出生率の推移と課題、年齢別出産状況、婚
 姻と出産の関係、既婚率、子育て中の女性の雇用環境や生
 活実態等について他都市と比較した場合の本市の特徴と現
 状分析、そして産休・育休中の資格取得支援について伺う。

2 未来を担う人財の育成について
  大都市への人口集中を是正し、持続可能な地方都市を実
 現していくためには、教育機関・企業・地域と連携し、本
 市の将来を担う主体性のある人財の育成が必要不可欠であ
 る。そこで、以下の点についてお尋ねする。
 ○ 自習室開設の取り組み
 ○ 長崎県立大学大学院への職員入学

3 水産市場の活性化について
  本市の水産市場は、近年の取扱量の減少に伴って施設に
 余剰が生じ、老朽化が進んでいる中、新たに高度衛生管理
 対策も求められている。また、隣接する関連棟は1階に空
 き店舗が目立ち、背後地の水産加工団地の活用も十分とは
 言い難い。そこで、市場の競争力強化と品質向上のための
 施設整備、多機能化、加工・流通拠点の誘致等、水産市場
 の活性化について本市の取り組みを伺う。
 ○ 高度衛生管理対策
 ○ 水産加工団地、水産市場関連棟のあり方
 ○ 消費地としての魅力づくり

4 地区防災計画と避難行動要支援者対策について 
  災害発生時にみずから避難することが困難で、円滑かつ
 迅速に避難するため特に支援が必要な「避難行動要支援者」
 への支援体制の整備が急務である。そこで、本市における
 避難支援計画、福祉避難所等の現状についてお尋ねする。
 ○ 地区防災計画の取り組み
 ○ 避難行動要支援者対策と要支援者名簿の登録状況
 ○ 福祉避難所の指定、公表状況
 ○ 平常時の防災活動における見守り及び災害時の避難支
  援計画の策定
再生する
  • 令和元年6月定例会
  • 6月24日
  • 本会議 一般質問
1 子ども・子育て支援について
  本年10月より国の施策として幼児教育・保育の無償化
 がスタートする。子ども・子育て分野における大きな制度
 改正であり、さらに「佐世保市総合計画」「新させぼっ子未
 来プラン」が改定の時期を迎えることもあわせて、政策上
 重要な転換期が訪れている。そこで、以下の点についてお
 尋ねする。
 ○ 幼児教育の無償化と支援策の充実
 ○ 利用定員と保育の質
 ○ 保育者不足への対応策
 ○ 子どもの安全とコミュニティ

2 地区公民館の役割と自習室の設置について
  近年の公民館は社会の多様化に伴い、地域の要請に的確
 に対応した取り組みや子どもや若者、働き盛りの世代も含
 め、住民全体が気軽に集える拠点になることが期待されて
 いる。そこで本市でも、地区公民館のあり方について議論
 が行われていることから、以下の点についてお尋ねする。
 ○ これからの公民館の役割と課題
 ○ コミュニティセンター化
 ○ 誰もが利用できる自習室の設置

3 買い物弱者の対策について
  今日、人口減少や少子高齢化を背景とした流通機能や交
 通網の弱体化等の多様な理由により、日常の買い物機会が
 十分に提供されない状況に置かれている「買い物弱者」の
 対策が急務である。そこで、本市における買い物弱者の対
 策の現状と今後の課題についてお尋ねする。

4 相浦地区の将来ビジョンについて
  相浦地区は、大学・短大・高校、総合グラウンド等を有
 する文教地区であり、若者の集積を生かしたまちづくりが
 期待されている。今後は、交通の利便性をさらに向上させ、
 本地域の魅力を伸ばしつつ新たな地域核の形成が求められ
 ている。そこで、以下の点についてお尋ねする。
 ○ 文教地区としての機能をいかに高めるか
 ○ 長崎県立大学のキャンパス整備を生かした地域連携の
  推進
 ○ カレッジパスの取り組み
 ○ 次世代のための新たな地域核の形成
再生する
戻る