ナビゲーションを読み飛ばす

佐世保市議会インターネット中継

※検索結果一覧

  • 市民クラブ
    片渕 雅夫 議員
民主市民クラブ
  • 平成27年3月定例会
  • 3月9日
  • 本会議 一般質問
1 市民本位の市政推進について
 ○ 市政(地方自治)は、主権者たる市民(納税者)のた
  めにあり、市政従事者(職員)は公僕として常時市民本
  位の行政運営を基本理念とし、豊かで住みやすい安心・
  安全な佐世保づくりに最善を尽くし、明るく誠実な市民
  接客で市民の信頼確立を
 ○ 民主主義の基盤となる、法律や条例・規則等に基づく
  徴税・許認可・指導等の行政事務は、公正・公平を期し、
  全職員が適切な判断基準を共有できる資質を高め、毅然
  として是々非々での対応を
 ○ 市民(市長)は、雇用主の立場・責任で市政従事者(職
  員)が心置きなく仕事に邁進できるよう、職員の雇用や
  生活の安定確保に努め、安全で健康的な職場環境の確立
  を

2 財政運営の見通しと財政再建、行財政改革推進について
 ○ 短・中期の財政収支の見通しと、財政運営健全化のた
  めの取り組みについて
 ○ 歳入増加対策について
 ○ 平成26年度基準財政需要額及び算出の人件費単価と、
  地方交付税の使途自由裁量について
 ○ 昭和56年第一次行財政改革から現在までの改革・改
  善の積み上げによる全体的年間経費節減額試算と、職員
  定数の実質減員数及び委託経費増加を加味した年間人件
  費節減額試算について
 ○ 環境部ごみ収集事業のこれまでの改革・改善の取り組
  みの経緯と、改善による経費節減額、及び今後に残され
  た課題と取り組み姿勢について
 ○ 市行政事務に従事する職員について、国から正規職員
  に限定する通達等の有無と、市方針として正規職員配置
  を原則とする職種等があれば、その例示と理由について
 ○ 今後、事務事業を仕分け分析し、可能なものは長期の
  嘱託職員活用による経費削減について
 ○ 指定管理者制度委託や、民間でできることは民間に委
  託・移譲化の促進について
 ○ 行財政改革判断の真髄は、何事も市民本位で判断すれ
  ば、何をどうすべきか答えは出てくると思う。

3 基地所在都市として日本の平和への貢献と、地域振興・
 発展について
 ○ 日本の平和維持には防衛基地が不可欠であり、今後も
  誇りを持ち、基地施設整備に協力が必要。
   また、基地の存在効果を生かし、本市財政や経済発展
  につなげる施策について
再生する
戻る