ナビゲーションを読み飛ばす

佐世保市議会インターネット中継

※本会議の録画映像をご覧いただけます。

  • 平成29年9月定例会
  • 9月13日 本会議 一般質問
  • 緑政クラブ  林 健二 議員
1 受益者負担の適正化に伴う課題について
  公共施設等の利用者負担の考え方について、紆余曲折の
 論議を経て、平成28年4月から施行されました。指針に
 基づき減額する経過措置を3年間設け、試算では、毎年度、
 約33,000千円の料金改定影響額を試算してありまし
 た。初年度は、どのような実績となり、また早急な見直し
 が必要な課題はないのか、次の点を伺います。
 ○ 平成28年度の受益者負担の適正化実施による実績に
  ついて
 ○ 社会教育施設を使用する高齢者や学生等への料金負担
  の考え方の明確化について
 ○ 受益者負担の業務量増加に伴う職員の事務手続等の煩
  雑さの再検討について

2 火入れに関する申請・許可業務について
  火入れは森林法の規定に基づき、「佐世保市火入れに関す
 る条例」において申請・許可を受けることとなっています。
 森林、原野、荒廃地及び農地などの火入れは良好な景観や
 生物の多様性が維持され、草原性の希少野生生物が残され
 ています。火入れの必要性も時代とともに内容変化してい
 ますが、現状に即した条例のあり方について、次の点を伺
 います。
 ○ 市内での火入れに関する申請・許可の現状について
 ○ 異常乾燥注意報の取り扱いと条例改正の必要性につい
  て

3 北松広域農道(北松やまびこロード)について
  北松やまびこロードの愛称を持つ北松広域農道は北部と
 南部地区に分かれ、全長15.7キロメートルあり、佐世
 保市世知原町木浦原から平戸市田平町里免まで平成16年
 11月に全線開通しました。その後、市町合併に伴い市に
 移管となっていますが、その課題について次の点を伺いま
 す。
 ○ 北松広域農道の維持管理の現状と課題について
 ○ 北松やまびこロード共同管理協議会について
 ○ 西九州自動車道計画に伴う今後の北松広域農道の位置
  づけについて
戻る