ナビゲーションを読み飛ばす

佐世保市議会インターネット中継

※本会議の録画映像をご覧いただけます。

  • 平成29年9月定例会
  • 9月12日 本会議 一般質問
  • 市政クラブ  橋之口 裕太 議員
1 佐世保市保育所等の施設整備(新設)及び運営事業者の
 選定について
 ○ このことについては、平成29年3月定例会において、
  当局から「市内中心部において、年度途中に待機児童が
  発生していることに加え、認可外保育施設等の閉園があ
  るため、認可施設の新設を募り、効果的な待機児童対策
  とするため、100名規模の施設を整備するものである。
  今後のスケジュールについては、現時点の案として、4
  月から5月にかけて書類確認及びヒアリング等を行い、
  事業者決定を経て、翌年3月までの期間で施工といった
  流れを考えている。その間、新設施設についての認可申
  請手続、児童福祉審議会における意見聴取を行う予定で
  ある」と文教厚生委員会において答弁がなされた。
   その後、6月9日から7月7日まで事業者を公募、7
  月18日に選定委員会が開催され、現地視察や事業者か
  らヒアリングの後、選定委員長から同日付で市長宛てに
  事業者選定結果を踏まえた意見書が提出され、7月24
  日に市長決裁がなされている。
   このことについて、一定の裁量権の範囲で行政執行は
  行われるものと理解しているところではあるが、特に募
  集要項の記載事項とその後の採点のあり方については、
  大きな問題があると感じているところである。
   行政は改めるべきことについては、改めるべきで、募
  集要項等一連の手続を精査した上で改めて公募、選考す
  べきであると考えるが、市長の考えを問う。

2 附属機関(地方自治法第138条の4第3項)のあり方
 について
 ○ 地方自治法の第138条の4第3項には「普通地方公
  共団体は、法律又は条例の定めるところにより、執行機
  関の附属機関として自治紛争処理委員、審査会、審議会、
  調査会その他の調停、審査、諮問又は調査のための機関
  を置くことができる。ただし、政令で定める執行機関に
  ついては、この限りでない」とされている。
   先般、佐世保市子ども未来部子ども支援課が主管課と
  して実施した「佐世保市保育所等の施設整備(新設)及
  び運営事業者の公募・選定」においては、要綱により設
  置した選考委員会の委員5名による採点評価等により導
  き出された結論について、選定委員長から市長宛てに意
  見書が提出され、最終的に意見書を踏まえ、市長決裁の
  後、選定委員会どおり事業者決定の通知を行った。
   このことは、「地方公共団体が、任意に附属機関を設置
  するときは、すべて条例に定めなければならない」とす
  る地方自治法第138条の4第3項に違反しているもの
  と考えるが、その他の部局においても、条例によらず、
  要綱等で定めた委員会(委員には市長から委嘱状を出し
  ている)が多数存在しているのが実情である。
   こうした中、設置根拠が条例によらない委員会等が附
  属機関に該当し、その設置が違法である旨の判決が相次
  いでいることから、近年、他都市においては、設置根拠
  が条例によらない委員会等については整理、見直しを進
  めているところが見受けられるところである。
   このような状況を踏まえ、本市における附属機関のあ
  り方について市長の認識を問う。

3 宇久地域における廃校の利活用について
 ○ 平成28年9月定例会一般質問後の事業の進捗につい
  て問う。(この質問は取り下げられました)
戻る