ナビゲーションを読み飛ばす

佐世保市議会インターネット中継

※本会議の録画映像をご覧いただけます。

  • 平成29年6月定例会
  • 6月26日 本会議 一般質問
  • 自民党市民会議  久保 葉人 議員
1 有効求人倍率にみる本市の雇用就労情勢について
 ○ 本市の平成29年4月の有効求人倍率は1.40であ
  り、平成27年1月より28カ月連続で1倍を超えてい
  る。有効求人数が有効求職数を上回っており、市民の就
  労の機会は一定、確保されているものの、裏を返せば労
  働力が充足していないことを意味しており、本市は、せ
  っかくの雇用と経済成長の機会を逸している。また、求
  職者の数自体が基調として減少傾向にあることから、労
  働力の確保は、本市にとって重要かつ喫緊の課題である。
  本市の施策を問う。

2 空き缶等散乱防止事業について
 ○ 本市は、環境基本計画の中で、環境の美化を図り、市
  民にも観光客にとっても快適な環境をつくるとしている
  が、いまだに街や路上では、空き缶や紙くず、たばこの
  吸い殻等のごみが散見される。今後、本市へ寄港するク
  ルーズ客船がふえ、また大型化すれば、本市を訪れる外
  国人観光客も増加するものと思われることから、今より
  さらに環境の美化に注力して行くべきである。本市の関
  係条例の有効性、並びに今後の施策を問う。

3 児童、生徒の登下校時の安全、安心について
 ○ 本年3月、千葉県松戸市で小学3年生の女子児童が登
  校中に行方不明になり、後日、遺体で発見される痛まし
  い事件が起きた。長崎県警によれば、本県では、平成2
  8年の一年間で360件の声掛け事案等が発生し、被害
  者は約4割が小学生で、登下校の時間帯に集中していた
  とのことである。本市の、児童、生徒へ防犯を呼びかけ
  る啓発活動や防犯教室の実施状況、並びに児童、生徒の
  登下校を不断に見守られている防犯ボランティアの現状
  と課題を問う。
戻る