ナビゲーションを読み飛ばす

佐世保市議会インターネット中継

※本会議の録画映像をご覧いただけます。

  • 平成27年12月定例会
  • 12月4日 本会議 一般質問
  • 日本共産党  山下 千秋 議員
1 石木ダム建設について
 ○ 工期延長について
   県は、平成28年完成の工期を6年延長すると計画変
  更した。
  ・ その内容はどうなっているのか。つけかえ道路工事
   完了は、本体工事はいつからいつまで、試験湛水は。
  ・ 県の工期延長は、佐世保市にとっては絶対に容認で
   きないものではないのか。それは平成28年度までに
   完成しないと、29年度以降日量4万トンの水不足に
   なり、安定して水を提供するという水道事業者として
   の責務を果たすことができないと主張し続けてきたの
   だから。
  ・ 6年の工期延長に同意するとなったら、今までの主
   張してきた石木ダム建設の必要論は全く根拠のないも
   のだったということを自認するようなものではないの
   か。
  ・ 事業費に及ぼす影響はどう考えるのか。厚生労働省
   との関係(補助金)はどうなるのか。
 ○ 強制収用について
   事業認定申請は、強制収用のためではない、話し合い
  のためだと言い続けてきた。だが既に一部用地は強制収
  用されてしまった。今度は家屋も残りの用地も強制収用
  するのか。用地取得なしにダムはできない、用地取得の
  ためにはもはや強制収用しかない。ダム建設のために強
  制収用するのか。13世帯61人の暮らしが行われてい
  るところを強制収用してダムを建設した事例があるのか。
 ○ 再評価について
   再評価しないという理由は何か。現時点での再評価は、
  もはや新規開発水源が日量4万トン(石木ダム)も必要
  という計画はつくりようがないからではないのか。
 ○ 財源対策について
   石木ダム建設負担金、関連設備費、それらの管理維持
  費など佐世保市の財政負担は1,173億円に上る。こ
  の財源対策はどうなるのか。水道料金値上げ、一般財源
  からの税金投入をどのように考えているのか。
戻る