ナビゲーションを読み飛ばす

佐世保市議会インターネット中継

※本会議の録画映像をご覧いただけます。

  • 平成27年12月定例会
  • 12月3日 本会議 一般質問
  • 市政クラブ  湊 浩二郎 議員
1 市民会館について
  佐世保市では行財政改革の中で、公営施設の利用者から
 徴収する使用料について、利用する市民と利用しない市民
 の間で税負担の公平性を保つため、受益者負担の適正化を
 図り、使用料の改定が検討されています。
  その公営施設の中で、市民会館は、長年赤字続きで施設
 の稼働率も低迷しています。それに加えて老朽化が著しい
 にもかかわらず、耐震工事も行われておりません。地震と
 言えば、東日本大震災が起こったとき、東京の九段会館で
 は卒業式が行われており、天井の崩落により2名が死亡し
 ています。そして、この事故以来、九段会館は休館してい
 ると聞いています。もし九州で大地震が起これば、市民会
 館は崩落・崩壊し、人命が失われるかもしれません。
  佐世保市には、アルカスSASEBOやコミュニティセ
 ンター、江迎地区文化会館インフィニタスなど、市民会館
 の代替施設はたくさんあります。私は、このような危険性
 がある市民会館の運営を続けるのは大いに危惧をしており
 ます。少なくとも安全が確保されるまで休館にすべきでは
 ないでしょうか。
  市長に見解を伺います。

2 子育て支援のあり方について
  就労形態の多様化に伴い、日曜、祭日、夜間での保育の
 必要性が増加してきています。子ども・子育て支援新制度
 では、月当たりの保育必要量を認定することとしており、
 曜日を定めて行うものではないとなっています。
  現在、就労者の3分の1が日曜、祭日に働いていると言
 われており、先日策定された「佐世保市まち・ひと・しご
 と創生総合戦略」でも、子育て支援は大きな課題の一つと
 されています。そこで、佐世保市では日曜、祭日の幼児、
 児童の保育はどのような体制になっているのかお伺います。
戻る