ナビゲーションを読み飛ばす

佐世保市議会インターネット中継

※本会議の録画映像をご覧いただけます。

  • 平成27年9月定例会
  • 9月16日 本会議 一般質問
  • 市政クラブ  湊 浩二郎 議員
1 子どもの医療費の助成拡大について
  厚生労働省の調査によると、平成26年4月1日現在、
 全国1,742市区町村のうち、小学生以上の子どもに医
 療費助成を行っている市区町村の割合は、通院では全体の
 約80%、入院では全体の約94%となっているにもかか
 わらず、佐世保市はいまだに助成を行っていない市区町村
 の一つであります。
  県内では南島原、松浦、大村、諫早、平戸の各市及び佐
 々町が既に子どもの医療費の助成拡大を行っており、長崎
 市でも来年度より実施する予定であります。
  本市は、平成28年度に中核市へ移行する準備を進めて
 いますが、県北地域の中核となるべき佐世保市が、周辺市
 町よりも子育てに対する助成が劣るのはいかがなものでし
 ょうか。
  現状のままでは、私たち佐世保市民は、県内の他市町の
 住民よりも多くの負担を強いられることになり、手をこま
 ねいているうちに、医療費に加えて学校給食費にも助成が
 あるなど、子育て支援施策が充実している佐々町へ転出す
 る子育て世帯が出てきても不思議ではありません。
  子どもの医療費の助成拡大は、財源の問題と切り離して
 考えるべきものではないと十分承知しておりますが、実際
 に多くの市民が望んでいる施策です。国が子どもの医療費
 助成について統一的な制度を構築するまでは、費用対効果
 の薄い既存の施策を見直して財源を捻出し、早急に実現す
 べきであると考えます。御所見をお伺いします。
戻る