ナビゲーションを読み飛ばす

佐世保市議会インターネット中継

※本会議の録画映像をご覧いただけます。

  • 平成27年6月定例会
  • 6月24日 本会議 代表質問
  • 市政クラブ  久池井 一孝 議員
1 「行政体制整備」の取り組みについて
 市民サービスに直接的影響を及ぼす「定員管理の適正化」
 は優先的に取り組んでいかなければならない重要な課題で
 ある。
 ○ 条例定数の設定根拠と考え方について
 ○ 定員管理目標のあり方について
   現在の目標設定の考え方で十分か、地域の実情を踏ま
  え、行政サービスと職員数のバランスを考慮した計画に
  なっているか。
 ○ 適切な「定員管理」を進めていくには、組織の業務量
  の調査が必要であると思うが、その取り組みについて

2 地方創生(地方版総合戦略策定)への取り組みと課題に
 ついて
  人口減少への対応と地域の活性化による「地方創生」が
 国の重要課題であるとして地方創生を進めるための「総合
 戦略」の策定が求められ、短時間で、十分検討する時間も
 与えられず、情報も少ない中で計画策定に取り組んでいる
 が
 ○ 総合計画等と地方版総合戦略の関係と位置づけについ
  て
 ○ 地方版総合戦略策定に当たっての留意点(地方創生特
  区や日本版CCRC構想)とコンサル、行政等の役割につ
  いて
 ○ 地方創生先行型交付金(上乗せ交付金)事業への取り
  組みについて
 ○ 新型交付金の制度設計について

3 子どもを安心して産み育てることのできる環境づくりに
 ついて
  深刻な少子高齢化社会を迎える中で、女性の社会進出を
 進めるとともに、子どもの出生率を向上させ、待機児童問
 題を解消するため新しい支援制度が導入された。
 ○ 子ども・子育て支援事業計画の中で、「教育・保育の量
  の見込み」が示されているが、受け入れ施設の体制はど
  うか。
 ○ 「保育の必要性」の認定に係る事由について、保護者
  の就業時間の下限設定について
 ○ 保育料収納対策について
    幼稚園型認定こども園など、保育料未納者に対しての
  排除につながらないか。
 ○ 利用調整など事務量の増加に対し、業務量調査と定員
  管理が必要ではないか。
戻る