ナビゲーションを読み飛ばす

佐世保市議会インターネット中継

※本会議の録画映像をご覧いただけます。

  • 令和元年6月定例会
  • 6月25日 本会議 一般質問
  • 自民党市民会議  宮田 京子 議員
1 鹿町温泉やすらぎ館の施設整備に関する計画性について
  鹿町温泉のボイラーが1月2日に故障、修理は最短で8
 月ごろの予定と聞く。復旧までに8カ月を要するのは長す
 ぎる。ボイラーの故障により一月で約1,000人以上の
 利用者が減少。故障したボイラーは平成15年導入、二つ
 あるボイラーのうち、もう一つも平成13年導入、早晩、
 故障する可能性あり。その際も今回同様の対応となるのか。
 指定管理者がその運営の責任を果たすためには計画的な整
 備が必要ではないか。あるいは、指定管理者との協定書の
 内容を再確認、運営の根幹をなす設備については即時対応
 できる取り決めをすべきではないか。

2 各種イベントの経済効果の検証とDMO法人の役割につ
 いて
  佐世保市は観光都市として交流人口の拡大に力を入れて
 いる。その中で、YOSAKOIさせぼ祭り、させぼシー
 サイドフェスティバル、アメリカンフェスティバル等の各
 種イベントは、関係各位の御尽力により、佐世保市のイメ
 ージアップに大きな力を発揮している。今後さらなる飛躍
 のために補助金の効果を数字として検証し生かすことは重
 要である。検証及び周知の現状を伺いたい。あわせて、D
 MO法人としての佐世保観光コンベンション協会の専門人
 材配置と地域経済分析の現状、また、その役割がどのよう
 に生かされているのか伺いたい。

3 男女が協力して子育てしやすいまちづくりの実践につい
 て
  佐世保市の合計特殊出生率は全国平均や長崎県平均を上
 回っており、数字上、一定の成果を得られている。中央と
 地方都市では産業構造や背景などがそれぞれに異なり、一
 律に数字だけで判断しにくい面もあるが、国が示している
 目標値2.07に近づく努力を我々も総力を挙げて行うべ
 き。少子化対策は不妊治療や所得の問題等多方面にわたる
 と考えられるが、今回は、男女間の育児協力を後押しする
 施策をどう実現していくか、また、男性の育児休暇取得の
 現状、産休中の所得問題等、男女共同参画社会を実現する
 子育て支援策について伺いたい。
戻る