ナビゲーションを読み飛ばす

佐世保市議会インターネット中継

※本会議の録画映像をご覧いただけます。

  • 平成30年12月定例会
  • 12月7日 本会議 一般質問
  • 緑政クラブ  林 健二 議員
1 国見山風力発電計画に伴う国見山系の諸課題について
  現在、全国で風力発電事業を展開する大手事業者が、国
 見山系の佐賀県伊万里市と佐世保市にある尾根に風力発電
 事業を計画しており、現在、計画段階の環境配慮の手続が
 行われていることに、近隣住民や市民団体が大変心配して
 います。国見山系は佐賀県伊万里市、有田町、長崎県佐世
 保市と2県、2市1町が位置しており、今後も広域的な連
 携による環境保全等が必要な地域と考えます。そこで、関
 連する諸課題について、次の点を伺います。
 ○ 国見山アカガシ原生林について
 ○ 国見山系に関連する県道栗木吉井線及び市道槍巻線・
  国見山線の管理維持について
 ○ 今回の国見山風力発電計画事業について

2 地域コミュニティ推進事業について
  市長は今年3月、第2期佐世保市地域コミュニティ推進
 計画を策定し、地域コミュニティの活性化に向けた各施策
 を総合的かつ計画的に推進するとのことですが、条例施行
 に伴い、具体的な取り組みを効果的に展開し、実効性を担
 保するための行動計画とも明言されています。次の点につ
 いて伺います。
 ○ 地区公民館のコミュニティセンター化について
 ○ 地区自治協議会の運営体制の充実について
 ○ 市職員の意識改革について
 ○ 補助金の一括交付金制度について

3 農地災害復旧事業の受益者負担について
  地球温暖化などの異常気象が日常化し、たび重なる台
 風・豪雨などにより、近年は災害のない年はないと言えま
 す。そのような中でも、農業従事者の方々にとっては、伸
 び悩む米価とともに、イノシシ被害や少子高齢化の影響を
 大きく受けながらも、重ねて被災による農地の遊休化が加
 速的に進んでいる現状があります。これ以上の影響を少し
 でも回避する手段を検討する必要があり、次の点を伺いま
 す。
 ○ 農地災害復旧事業の地元分担金と受益者負担の考え方
  について
 ○ 受益者負担に伴うさらなる耕作放棄地増大の懸念につ
  いて
戻る