ナビゲーションを読み飛ばす

佐世保市議会インターネット中継

※本会議の録画映像をご覧いただけます。

  • 平成30年9月定例会
  • 9月11日 本会議 一般質問
  • 社会民主党  古家 勉 議員
1 災害廃棄物の処理について
 ○ 広島県・岡山県や中国地方などで発生した西日本豪雨
  災害は国の激甚災害の指定を受けており、今もなお被災
  地では、被災による「廃棄物」の処理が、なかなか進ん
  でいない状況である。災害の発生に伴う廃棄物処理につ
  いて、環境省は、全国の自治体に対し災害廃棄物処理計
  画の早急策定を要請しているが、策定済みの市町村は全
  国で24%にとどまっているという。近年、地震以外で
  も気象変動に伴うものと考えられる災害が発生している
  状況であり、佐世保市についても被災しないとは言えな
  い。
   本市における災害廃棄物処理計画策定の状況について
  お尋ねいたします。

2 国際クルーズ拠点形成に向けた取り組みについて
 ○ 浦頭地区における港湾整備の進捗状況について
   国土交通省、佐世保市(港湾管理者)、カーニバルコ
  ーポレーション(クルーズ会社)がそれぞれ担う施設整
  備の進捗状況をお尋ねいたします。
 ○ 浦頭地区供用開始後における周辺交通への影響と対策
  について
   三浦地区と同規模の16万トン級のクルーズ船が寄港
  できることとなるため、100台以上のツアーバスが往
  来すると考えられる。その影響分析はどのようにしてい
  るのかお尋ねいたします。
 ○ 国際クルーズ拠点としての三浦地区運用状況について
   国際クルーズ拠点形成の目標のひとつに、寄港予約
  「お断りゼロ」が掲げられている。三浦地区では、船舶
  規模により、海上自衛隊岸壁をあわせて使用しなければ
  ならないが、これが「お断りゼロ」実現の支障となって
  いないか。現状、海上自衛隊、防衛省とどのような調整
  を図っているのか。今後、「お断りゼロ」の実現に向けて
  どのように取り組んでいくのかお尋ねいたします。
戻る