ナビゲーションを読み飛ばす

佐世保市議会インターネット中継

※検索結果一覧

平成30年6月定例会 平成30年6月20日(水)  本会議 一般質問
  • 緑政クラブ
  • 北野 正徳 議員
1 地域包括ケアシステムの構築について問う
  本市においては老人福祉計画・第7期介護保険事業計画
 が策定され、「地域包括ケアシステムの深化・推進」が図ら
 れているが、2025年までに構築するとされている地域
 包括ケアシステムの現状について問うものである。また、
 地域包括ケアシステムにおいて中核的な役割を担う地域包
 括支援センターの活動について問うものである。
再生する
  • 社会民主党
  • 永田 秀人 議員
1 公文書管理について
  2011年4月に公文書管理法が制定されて以降、公文
 書の管理についての条例制定や公文書館の設置などの取り
 組みが都道府県・市町村に広がっている。しかし、佐世保
 市では条例制定はなされておらず、文書に関する規定は佐
 世保市文書規程があるのみである。
  一方、市立図書館の郷土資料室には旧海軍関係の資料な
 ども保管されており、研究者の利用も多いと聞くが、これ
 は行政文書の歴史的資料価値のあらわれとも言える。また、
 合併前の各自治体の公文書についても、その中の歴史的公
 文書を保存する必要がある。
  先進事例も参考にしながら公文書管理の取り組みを推進
 すべきではないか。

2 債権管理の強化に関する取り組みについて
  現在、市は未収債権の徴収強化のために債権管理対策室
 を設けて取り組みを進めている。これは必要な取り組みと
 考えるが、滞納者の中の生活困窮者等については配慮が必
 要と考える。その面で市の対応について質問する。
 ○ 滋賀県野洲市では、債務者が著しい生活困窮状態にあ
  る場合に債権の放棄などの対応ができるよう条例で定め
  ている。本市でも類似の対応は考えられないか。
 ○ 多重債務者等への対応として、伊万里市ではファイナ
  ンシャルプランナーによる生活再建支援を行っており、
  これにより税の納付額に改善が見られたという。本市で
  も滞納の再発防止、滞納者の生活向上の両面から対応を
  考えるべきではないか。

3 陸上自衛隊相浦駐屯地記念式典に関する爆音問題につい
 て
  本年4月19日、相浦地区上空を航空自衛隊のF2戦闘
 機が飛行した。その爆音は周辺住民を動揺させただけでな
 く、安全も脅かす面があった。同月28日の記念式典では、
 飛行高度を上げるなどの対応がなされたものの、事前の陸
 上自衛隊・九州防衛局の周知等は十分とは言えないと考え
 る。
  市として今回の問題にはどのように対応したのか。
  また、今後の運用について、陸上自衛隊や九州防衛局に
 どのような対応を求めていくのか。
再生する
  • 市民クラブ
  • 久野 秀敏 議員
1 ユネスコ創造都市ネットワークへの加盟について
  ユネスコは、グローバル化の進展により固有文化の消失
 が危惧される中で、文化の多様性を保持するとともに、世
 界各地の文化産業が潜在的に有している可能性を、都市間
 の戦略的連携により最大限に発揮させる仕組みが必要であ
 るとして、「ユネスコ創造都市ネットワーク事業」において、
 七つの分野で特徴のある都市を認定している。
 ○ 加盟認定に向けた取り組みについて
 ○ 加盟認定された場合の効果について

2 交流人口拡大に向けた取り組みについて
 ○ 大型客船の拠点整備に伴う貸切バスの需要、供給体制
  について
 ○ 大型客船寄港による経済波及効果の分析状況について
 ○ ランドオペレーターの現状について
 ○ 市内で開催されるイベントへの助成制度について

3 地域コミュニティ組織等への支援について
 ○ 佐世保市市民活動保険制度の給付内容の拡充について
 ○ 認知症患者の賠償責任保険について
 ○ 町内集会所施設が火災被害を受けた場合の支援措置に
  ついて
 ○ 佐世保刑務所周辺町内会への支援について
再生する
  • 自民党市民会議
  • 久保 葉人 議員
1 老人クラブの支援について
 ○ 人生100年時代の現代においては、一人一人が自立
  的に生き生きと活動できるような基盤を構築することが
  肝要である。高齢者の自立的な活動の場である老人クラ
  ブに対する本市の支援を問う。

2 旧東商高校跡地を活用した早岐のまちづくりについて
 ○ 早岐地区の今後の開発において、重要な拠点の一つと
  なる旧東商高校跡地を活用した、早岐のまちづくりにつ
  いて本市の考えを問う。

3 急傾斜地崩壊対策事業の促進について
 ○ 本市には斜面地が多く、毎年降雨期には、崖崩れが発
  生し、多くの家屋等が被害を受けている。市民からの期
  待の厚い「急傾斜地崩壊対策事業」の促進について本市
  の考えを問う。

4 空き家対策事業について
 ○ 本市には、数多くの、放置されて老朽化した空き家が
  存在するが、空き家は多くのリスクを抱え、今や市民の
  暮らしの脅威になっている。本市の「空き家対策事業」
  と今後の方針を問う。
再生する
戻る