ナビゲーションを読み飛ばす

佐世保市議会インターネット中継

※検索結果一覧

平成28年3月定例会 平成28年3月9日(水)  本会議 一般質問
  • 日本共産党
  • 山下 千秋 議員
1 汚職根絶のために
  今回の贈賄の申し込み容疑の現職議員の逮捕に大きな衝
 撃を受けた。市議会への市民の信頼が打撃を受けた。市議
 会は信頼回復のために、今何をすべきか鋭く問われている。
 市長の言動にも疑問の声が上がっている。
  今度の事件は何だったのか、なぜ発生したのか、真相解
 明と何を教訓とすべきなのか、市民の前に明らかにすべき。
  最小限、再発防止の一つとして「政治倫理条例」を制定
 すべきだと思うがどうか。

2 ふるさと佐世保を戦争の出撃基地にさせてはならない。
 ○ 米軍増強(強襲揚陸艦アメリカの配備、ステルス駆逐
  艦の配備など)が明らかになった。水陸機動団設置と関
  連施設整備も明らかになった。いずれも殴り込み機能(
  我が国の防衛ではなく戦争を仕掛ける機能)を拡充する
  もの。これでは佐世保が日米軍事一体化した戦争出撃拠
  点化とされる。これらの動きを容認するのか。
 ○ 戦争法施行が迫り、殺し殺される現実の危険に直面し
  ている。同じ佐世保市民の自衛隊員の命を守らなくては
  ならない。自衛隊員の戦後初めての戦死が予見されるの
  に、食いとめなくてもよいのか。

3 石木ダム建設計画はきっぱりと中止決断せよ
  ダム建設計画は完全に破綻した。
 ○ 用地取得は絶望。それとも強制収用するのか。
 ○ 道路工事もできなかった。それは本体工事もできない
  ことを意味する。
 ○ 何よりも水余りが顕著になっている中で、この上に日
  量4万トンもの新規水源開発がなぜ必要になるのか明ら
  かにせよ。
 ○ 平成24年再評価はなぜ着手前評価となるのか。平成
  24年再評価と実績値の乖離はひどい。その再評価をな
  ぜ実施しようとしないのか。
 ○ 同じ石木ダム事業にあって、県は再評価した。市は再
  評価しないこの矛盾は何か。完成年度を6年延ばしても
  構わないのか。それは日量4万トンもの水不足を佐世保
  市民にもたらすことになる。そうならないのは、再評価
   (佐世保市の利水計画)が誤りだったことを意味するの
  ではないのか。
再生する
  • 緑政クラブ
  • 浦 日出男 議員
1 国防などの国策への協力と本市のさまざまな課題の現状
 について
 ○ 前畑弾薬庫の移転、返還の促進について
 ○ 前畑崎辺道路の促進について

2 姉妹都市交流について
 ○ 海外姉妹都市等交流について
 ○ 国内姉妹都市九重町との交流について
再生する
  • 緑政クラブ
  • 朝長 満洋 議員
1 国際クルーズ船寄港と海外観光客誘致の現況と今後につ
 いて
  2014年4月からの三浦岸壁の供用、2015年から
 の新しい国際ターミナルの供用による国際クルーズ船の寄
 港増と海外観光客の誘致、加えて三浦岸壁の延伸工事が計
 画される中、現在までの状況と今後の計画について伺いま
 す。

2 本市農業振興における畜産業について
  長崎県の農業の中で、畜産は農業産出額の30%を占め
 る基幹的作目であり、その中でも日本一になった長崎和牛
 は離島・半島地域の農業振興に不可欠な作目となっている
 中での、本市の畜産振興に対する取り組みと、家畜伝染病
 などに対する防疫対策について伺います。
再生する
  • 市政クラブ
  • 宮城 憲彰 議員
1 九州新幹線西九州ルートの建設とJR佐世保線の輸送改
 善について
  昭和48年11月13日九州新幹線長崎ルートが全国新
 幹線鉄道整備法に基づく整備計画路線として決定。以来、
 幾多の紆余曲折を経て平成17年9月九州新幹線長崎ルー
 トから九州新幹線西九州ルートに変更される。平成20年、
 武雄温泉~諫早間の新幹線着工認可、平成23年12月諫
 早~長崎間の着工が容認され、武雄温泉~長崎間も新幹線
 フル規格で整備することが決定し、平成24年6月着工を
 認可。平成34年に武雄温泉~長崎間がフル規格で一括開
 業されることとなった。しかしフリーゲージトレインにト
 ラブルが発生し開業が遅れることも懸念されている。この
 間、佐世保線の輸送改善については何らの進展もなく苦渋
 の選択とは一体何だったのか、と疑いたくなるほど佐世
 保・県北地域は無視されてきたのではないだろうか。平成
 4年、5年にかけて九州新幹線(長崎ルート)等の整備に
 関する基本的考え方、知事・市長共同声明、市長問責決議
 など、さらには覚書修正案と一連の出来事がありその結果、
 議会としても次善策としての短絡ルートを選択せざるを得
 なかったことがまさに苦渋の選択と言われるゆえんである。
 その点では県の基本的考え方や、知事・市長共同声明に記
 述されている事柄は県と佐世保市との明確な約束である。
 いま一度、この点をお互い確認するとともに佐世保線の輸
 送改善について現状をどう打開していくか、いかにして約
 束を履行していくのか、見直しも含め再検討の余地がある
 と思うがいかがお考えか。
 ○ これまでの経緯を踏まえ九州新幹線西九州ルート着工
  に至るまでの流れ、その背景には西九州ルートの実現に
  向けた佐世保・県北地域の苦渋の選択があったことを県
  は肝に銘ずべきである。
   最近の県の対応、言動は佐世保を無視したもので断じ
  て許せない。九州新幹線(長崎ルート)等の整備に関す
  る基本的考え方、知事・市長共同声明に記されている内
  容は紛れもない約束である。
   苦渋の選択とは一体何だったのか。県はこのことの重
  みをどう受けとめているか。
 ○ フリーゲージトレインの佐世保乗り入れと課題につい
  て
  ・ 投資効果、経済性、利便性、料金、財源と本市の負
  担について
 ○ 今後の課題として一番大事なことは県と佐世保市で現
  状を踏まえ、これまでの県と佐世保市の間で交わされた
  事柄を総括した中で、佐世保線の輸送改善についてこれ
  までの取り組みを継続するのか、フリーゲージトレイン
  にこだわることなく見直しも含め再検討していくのか、
  基本的にはフリーゲージトレインにかわるものとしてよ
  り即効性のある現実的な次善策があれば県が自ら示すべ
  きであるが佐世保市としても積極的に検討すべきではな
  いか。当局はこのことをどのようにお考えか。

2 連携中枢都市圏構想の推進と本市の取り組みについて
  本市において政策推進センターに広域連携研究会を立ち
 上げ、国が提唱する連携中枢都市圏構想の推進を図って行
 こうという動きが芽生えているようである。この構想の目
 的は人口減少社会・少子高齢社会にあっても地域を活性化
 し経済を持続可能なものとし、国民・市民が安心して快適
 な暮らしを営んでいけるようにするためには、地域におい
 て相当の規模と中核性を備える圏域の中心都市が近隣の市
 町村と連携し、コンパクト化とネットワーク化により「経
 済成長のけん引」「高次都市機能の集積・強化」及び「圏域
 全体の生活関連機能サービスの向上」を行うことにより、
 人口減少・少子高齢社会においても一定の圏域人口を有し
 活力ある社会経済を維持するための拠点を形成することで
 ある。そのための要件である中核市への移行も本年4月1
 日からと決まり、連携中枢都市圏構想の推進に取り組むこ
 とが可能になった。この構想の推進に当たっては地方創生、
 まちづくりの観点から期待しているところである。以下お
 伺いしたい。
 ○ 中核市への移行とともに連携中枢都市圏構想をどのよ
  うに推進していかれるか朝長市長の思い、期待すること
  について
 ○ 連携協約制度による自治体連携のメリット、可能性と
  課題について
 ○ 推進体制をどのように考えているか。体制の充実・強
  化、所管部署について
再生する
  • 自民党市民会議
  • 久保 葉人 議員
1 本市の観光振興策について
 ○ 市内観光スポットのさらなる発掘と価値の創造、及び
  国内外への広報宣伝の実績と効果
 ○ 観光客の受け入れ体制(誘導案内の動線整備、市内滞
  在時間を増大させるための施策等)
 ○ 広域連携としての取り組みの可能性

2 本市の道路行政について
 ○ 本市における道路の整備・補修計画(特に、生活関連
  道路に関し)
 ○ 道路パトロールの実績と効果
 ○ 歩道のバリアフリー化の促進、及び車・歩道上の障害
  物の撤去への取り組み
再生する
  • 自民党市民会議
  • 萩原 活 議員
1 長崎の教会群とキリスト教関連遺産の推薦取り下げ問題
 について
 ○ 長崎の教会群とキリスト教関連遺産の推薦取り下げ後
  の再スタートに向けて、具体的な取り組み対策と方針

2 地方創生に取り組む佐世保市が今後実施する少子化対策
 について
 ○ 地方創生に取り組む佐世保市の少子化に対する、具体
  的対策について

3 佐世保市におけるブラックバイトの現状と対策について
 ○ ブラックバイトと言われる雇用体系の現状、被害につ
  いての実情と対策について
再生する
戻る