ナビゲーションを読み飛ばす

佐世保市議会インターネット中継

※検索結果一覧

平成27年12月定例会 平成27年12月4日(金)  本会議 一般質問
  • 緑政クラブ
  • 北野 正徳 議員
1 「行財政改革」を問う
 ○ 施設白書策定の経緯及び活用について問う。
 ○ 資産活用基本方針の策定経緯及び活用について問う。
 ○ 公共施設適正配置計画の策定状況について問う。
 ○ 公共施設マネジメントにおける民間活力導入について
  問う。
再生する
  • 社会民主党
  • 永田 秀人 議員
1 基金等の効率的運用について
  平成26年度決算において監査委員より「資金の効率的
 運用を図ることを検討すべき時期にあると思われる」との
 意見が示された。国が現在進めている金融政策のもとでは
 低金利はやむを得ない面もあるし、市民から預かった税金
 をハイリスクな金融商品に投資するようなばくち的な運用
 はあってはならないと考えるが、それを踏まえた上で、監
 査意見の中の「効率的運用」のためにどのような方策が考
 えられるのか。

2 放課後児童クラブへの財政支援のあり方について
  今年度から始まった子ども・子育て支援新制度の中で、
 放課後児童クラブの運営費助成については、従来の登録児
 童数を基礎にしたものから実際の利用児童数によって算定
 されることとなった。しかしこの手法は保育所など事業者
 側からの反対が根強い。放課後児童クラブの安定的運営を
 実現し、指導員の待遇改善から質の向上につなげるために
 は、市として独自の助成基準を設けることも考えるべきで
 はないか。

3 原子力艦船の災害対策について
  市長は11月24日の定例会見において、原子力艦船が
 原子力災害を起こした場合の避難範囲の見直しについて
 「現実的ではない」との考えを示し、その見解を国に伝え
 ると報道されている。
  この報道が事実であれば、従来の市の説明と整合性がと
 れないのではないか。
  また、国に意見するならば市民の安全を第一に考えたも
 のであるべきではないのか。
  市長の姿勢を問う。
再生する
  • 日本共産党
  • 山下 千秋 議員
1 石木ダム建設について
 ○ 工期延長について
   県は、平成28年完成の工期を6年延長すると計画変
  更した。
  ・ その内容はどうなっているのか。つけかえ道路工事
   完了は、本体工事はいつからいつまで、試験湛水は。
  ・ 県の工期延長は、佐世保市にとっては絶対に容認で
   きないものではないのか。それは平成28年度までに
   完成しないと、29年度以降日量4万トンの水不足に
   なり、安定して水を提供するという水道事業者として
   の責務を果たすことができないと主張し続けてきたの
   だから。
  ・ 6年の工期延長に同意するとなったら、今までの主
   張してきた石木ダム建設の必要論は全く根拠のないも
   のだったということを自認するようなものではないの
   か。
  ・ 事業費に及ぼす影響はどう考えるのか。厚生労働省
   との関係(補助金)はどうなるのか。
 ○ 強制収用について
   事業認定申請は、強制収用のためではない、話し合い
  のためだと言い続けてきた。だが既に一部用地は強制収
  用されてしまった。今度は家屋も残りの用地も強制収用
  するのか。用地取得なしにダムはできない、用地取得の
  ためにはもはや強制収用しかない。ダム建設のために強
  制収用するのか。13世帯61人の暮らしが行われてい
  るところを強制収用してダムを建設した事例があるのか。
 ○ 再評価について
   再評価しないという理由は何か。現時点での再評価は、
  もはや新規開発水源が日量4万トン(石木ダム)も必要
  という計画はつくりようがないからではないのか。
 ○ 財源対策について
   石木ダム建設負担金、関連設備費、それらの管理維持
  費など佐世保市の財政負担は1,173億円に上る。こ
  の財源対策はどうなるのか。水道料金値上げ、一般財源
  からの税金投入をどのように考えているのか。
再生する
  • 自民党市民会議
  • 草津 俊比古 議員
1 街なかにおける再整備計画について
 ○ 中心市街地にある公共施設の再整備の検討状況につい
  て

2 放課後児童対策について
 ○ 中核市への移行により影響を受ける事業について
 ○ 児童クラブの保護者負担額(利用料)について
再生する
  • 公明党
  • 大塚 克史 議員
1 社会保障と税の共通番号(マイナンバー)制度について
 ○ 制度スタートにあたっての現状と課題について
 ○ 企業におけるマイナンバー制度の対応について
 ○ マイナンバー制度の独自活用について(この質問は取
り下げられました)

2 観光振興について
 ○ 観光地域づくりの推進について
 ○ 西海国立公園指定60周年事業について
 ○ 日本遺産認定への取り組みについて
再生する
戻る