ナビゲーションを読み飛ばす

佐世保市議会インターネット中継

※検索結果一覧

平成27年9月定例会 平成27年9月14日(月)  本会議 一般質問
  • 自民党市民会議
  • 久保 葉人 議員
1 近隣基礎自治体との連携協定について
  本年8月17日に、長崎県と佐賀県が地方創生にかかわ
 る連携協定を結び、まずは県境周辺地域の振興、国内外か
 らの観光客の誘客、都市部からの移住促進、医療連携体制
 の強化の4項目について連携して取り組むこととなった。
  当市としても基礎自治体レベルで経済圏、文化圏のくく
 りで近隣自治体と連携し、経済を活性化していくべきと考
 える。(具体例としては、三川内と波佐見、有田、伊万里
 の連携による陶磁器の全国展開や有効求人倍率が1を超え
 る部分についての照会等)

2 小中学校でのキャリア教育の導入について
  憲法第22条により職業選択の自由が保障され、大学進
 学率も高い現在は個人比較で選択できる職種がふえている
 が、何でもできるかのような環境がかえって何者にもなれ
 ない人間をつくり、フリーターやニートを生んでいる側面
 がある。その昔、職業を自由に選ぶことができない人たち
 がいた時代は職業の選択が制約されていたかわりに就労率
 は高かったと聞く。
  将来を担う子どもたちに勤労観、職業観を育み、自立で
 きる能力を身につけさせるべく、キャリア教育を小中学校
 から積極的に実施すべきと考える。

3 自治体以外が所有する樹木の公道に張り出した枝葉の剪
 定・伐採について
  自治体が所有する樹木については、毎年、計画的に剪定
 ・伐採がなされていると解する。
  自治体以外が所有する樹木についても、公道に張り出し
 た枝葉が歩行者や通行車両の障害になっている箇所が市内
 各所で散見される。民法の規定上、樹木の所有者が対処す
 ることにはなっているが、経済的な理由その他から適時的
 確には対処されないケースがある。樹木が倒れて不測の事
 故が発生する前に、当市として、行政が樹木の所有者に働
 きかけ、剪定・伐採を行うべくガイドラインを設けるべき
 と考える。
再生する
  • 市政クラブ
  • 宮城 憲彰 議員
1 佐世保市まち・ひと・しごと創生総合戦略の推進と課題
 について
 ○ 総合戦略の一番の特色は何か、また目玉となる事業と
  してどのようなものがあるか。
 ○ 総合戦略策定スケジュールについて
 ○ 推進体制とマンパワーの確保について
 ○ 総合戦略の推進には官民連携、広域連携が不可欠と思
  われるが、具体的取り組みについて

2 黒島天主堂世界遺産登録と受け入れ体制の整備について
 ○ 世界遺産登録の可能性について
 ○ 黒島の観光客受け入れ体制の整備について
  ・ 喫緊の課題と整備状況について
 ○ 黒島への玄関口である相浦桟橋待合所一帯の周辺整備
  について

3 させぼ振興券の効果と課題について(この質問は取り下
げられました)
 ○ 現時点における振興券の効果をどのように分析してい
  るか。
  ・ 例えば経済波及効果、商店街の活性化、消費喚起、
   地元購買促進などの観点より
 ○ 市民に等しく公平、公正な制度となっているか疑問に
  感じているが、どう理解しているか。
再生する
  • 社会民主党
  • 永田 秀人 議員
1 子どもたちを早期に支援につなげる対策について
  子ども発達センターは初診が最長6カ月待ちと言われて
 いる。支援が必要な子どもたちを早期に適切なサービスに
 つなげるために、どのような対策を講じているのか。

2 負担の見直しに対する市民参画について
  市は現在、受益者負担の適正化として公共施設利用料の
 見直しを進めている。こういった負担の増を進めるには市
 民の理解が重要である。
  他都市では、「負担はふえるが、メリットも生じる」と
 いう選択肢を市民に提示して負担増の判断を行った事例が
 あるが、本市ではこういった手法は検討されているか。

3 名切地区の公共施設と再開発計画について
  ふれあいセンターや花園中学校跡地、老朽化している市
 民会館など名切地区には、今後の取り扱いについて検討が
 必要と思われる公共施設が多く存在している。名切地区の
 再開発も含めてどのような検討状況にあるのか。

4 大型店舗と地元商店会との関係について
  地域コミュニティでは商店会も重要な担い手の一つだが、
 廃業等により会員数が減少している例を聞く。
  市では町内会に関しては転入者への加入案内を行ってい
 るが、同様に大型店舗が出店した際に、地元商店会への加
 入を促すような対応ができないか。
再生する
  • 公明党
  • 森田 浩 議員
1 若者の夢を応援する取り組みについて
 ○ 若者を地域の魅力創造の主体者に
 ○ 夢へのチャレンジを応援する制度を

2 生活困窮者自立支援制度について
 ○ 本格実施より約半年経過、現状と効果
 ○ 中核市を見据えた「地域福祉コーディネーター」導入

3 手話言語条例の制定について
 ○ 条例制定の意義と経過
 ○ 各自治体の対応
 ○ 本市における取り組み

4 地域包括連携協定について
 ○ 各分野における包括連携協定の現状と有効性
 ○ 食育推進と地域包括連携協定
再生する
  • 緑政クラブ
  • 長野 孝道 議員
1 JR佐世保線輸送改善について
 ○ 九州新幹線西九州ルートの開業に合わせたJR佐世保
  線輸送改善の可能性について
 ○ JR佐世保線輸送改善策としてのフリーゲージトレイ
  ンの佐世保への乗り入れの可能性について

2 教育の充実について
 ○ 広田小学校の過大規模解消の対策について
 ○ 佐世保市子ども発達センターにおける受診・相談の現
  状と今後の改善策及び特別支援学級の現状について
再生する
戻る