ナビゲーションを読み飛ばす

佐世保市議会インターネット中継

※検索結果一覧

平成27年6月定例会 平成27年6月26日(金)  本会議 一般質問
  • 社会民主党
  • 早稲田 矩子 議員
1 新教育委員会制度について
  昭和23年に創設された教育委員会制度は、戦前の軍国
 主義の教育を猛省し、戦後の民主主義教育を国民の手で、
 国民のために進めるため設置された制度である。「教育の独
 立性、専門性」と教育委員会制度における「政治的中立性、
 安定性、継続性」を保障する制度であった。教育委員も地
 域の人たちが選挙で選ぶ公選制が導入され、教育長も選ば
 れた教育委員の中から互選して決めていた。しかし、公選
 制については、政党間の対立などさまざまな状況が出てき
 て、昭和31年に公選制が廃止され、教育長の任命承認制
 度が導入された。それと同時に、教育委員会による予算案・
 条例案の議会提案権も廃止された。そして、平成11年に
 は地方自治体の責任や主体性を強化するという名目で、教
 育長の任命承認制度も廃止し、首長の責任による教育長の
 任命が導入され、首長の教育に対する権限がより強化され、
 政治的介入が懸念される今回の新教育委員会制度の制定が
 行われた。
 ○ 本市は、教育委員と教育長の選任・任命の方法につい
  てはどのようにしていくのか?
 ○ 市長は、本市の教育大綱等を策定する立場として、「教
  育」の分野も種々ある中で、次代の社会をつくる学校教
  育については、何が一番重要だと考えているか?
 ○ 教育委員会制度がどのような形になろうとも「教育の
  独立性・専門性」は保障されるべきだと考えるが、この
  件について市長はどのように考えているか?
 ○ 教育委員会の「政治的中立性、安定性、継続性」につ
  いてはどのように担保していくのか?

2 学力テストについて
  本市では、国、県、市による3種類の学力テストが実施
 されていると聞く。本市は授業時間を1時間でも確保するため
 に、平成18年度から2学期制を導入・実施してきた。学力
 テスト実施の時間は正常の授業時間を削って行っている。
 これほどまでに学力テストを重視していることは疑問である。
 ○ 何のために、学力テストを行っているのか?
 ○ 現場の教師、子どもたちの反応をどう捉えているの
  か?
 ○ 学力テストは、悉皆でなく抽出で実施しても、教育委
  員会の実施目的は達することができるのではないか?

3 学校司書について
  本市は読書運動、図書教育に積極的に取り組んできて、
 平成23・24年度の県からの補助が終わっても、引き続
 き市単独の予算を組んで、学校司書の配置をしてこられた
 ことは大きく評価している。
  現場ではその教育効果も大きなものがあると聞いている。
  この活動をしっかり支えている学校司書の労働条件、処遇
 について改善の余地がないものか尋ねる。
 ○ 担当校に出向くときの車のガソリン代など、勤務で行
  動するときの旅費は支給できないのか。
再生する
  • 市政クラブ
  • 眞木 朝夫 議員
1 佐世保市における、教科用図書(歴史)採択の考え方に
 ついて
 ○ 検定基準について
 ○ 採択方法について

2 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正
 する法律について
 ○ 改正の概要について
 ○ 総合教育会議について
再生する
  • 市政クラブ
  • 橋之口 裕太 議員
1 佐世保市における学校教育のあり方について
 ○ 新しい教育委員会制度では、首長が教育行政に果たす
  責任や役割が明確になるとともに、首長が公の場で教育
  政策について議論することが可能になります。これまで
  の教育行政へのかかわりを振り返り、今後どのように教
  育行政にかかわろうとお考えであるか市長に伺います。
 ○ 佐世保市の学校教育の喫緊の課題、また課題解決に向
  けてどのように取り組まれているのか伺います。
 ○ 「チーム学校」については文部科学省が作業部会を設
  け、具体的な検討をしていますが、佐世保市の考えを伺
  います。
再生する
  • 自民党市民会議
  • 永山 正幸 議員
1 長崎県の主要公共工事における地域別予算配分に対する
 本市の認識と対応について
 ○ 長崎県の主要公共工事における地域別予算の県南地域
  と県北地域の格差に対して長年是正を求めてこなかった
  本市は、どのような認識をしていたのか。
 ○ 佐世保選挙区選出県議会議員との意見交換会における
  県南地域と県北地域の県の予算格差に対する市長発言と
  地元選出県議会議員の発言に対してどのような認識をし
  ているのか。
 ○ 県南地域と県北地域の社会資本割合と予算配分割合に
  ついてどのような認識をしているのか。
 ○ 新幹線整備事業における地域別予算配分に対し本市は
  どのような認識をしているのか。
 ○ 長崎県の主要公共工事における地域別予算配分に対す
  る基準に明解さを求めるべきではないか。

2 基地との共存共生の基本姿勢について
 ○ 崎辺地区の基地化に対して、昭和46年から返還要求
  をしてきた返還6項目の修正手続が行われないのはなぜ
  か。
 ○ LCAC基地の運用について佐世保港運営委員会での
  協議もないままに、港湾水域における運用も包含されて
  いる九州防衛局と西海市との協定に対してどのような認
  識をしているのか。
 ○ 水陸両用機動団配備に伴う本市へのオスプレイ飛来に
  対して本市はどのように対応するのか。
再生する
  • 市政クラブ
  • 湊 浩二郎 議員
1 小学校就学前までの医療費助成を中学校卒業までに拡大
 することについて
  子どもは、幼少期には急に熱を出したり、成長期にはけ
 がをしたりして診療所や病院で治療を受けることが多く、
 そのときの医療費は家計に重くのしかかります。これに対
 して、長崎県内、特に県北地区では既に松浦市と平戸市が
 中学校卒業までの医療費助成を実施しており、隣接する佐
 々町でも、町民の強い要望に応えて本年度から実施される
 と聞き及んでいます。また、長崎市長も助成拡大の方向で
 検討していると報道されています。
  このように、人口減少対策、とりわけ少子化対策として
 子どもの医療費の助成拡大に力を入れ、子育てのしやすさ
 をアピールして、UターンやIターンを呼び込み、若者や
 子育て世代の定住者をふやす政策が多くの自治体で進めら
 れています。しかし、佐世保市は、財政事情と国に要望し
 ていることを理由に、子どもの医療費の助成拡大に余りに
 消極的であると考えます。男女の出会いの場を提供する街
 コンや出生率を上げる独自の取り組みを数多く行っている
 にもかかわらず、子どもの医療費の助成拡大による子育て
 支援策の強化を、なぜ国まかせ、県まかせにしているのか、
 甚だ理解に苦しみます。
  子育て支援強化策の中でも、子どもの医療費の助成拡大
 は有効かつ急務の政策だと思いますので、市長がどのよう
 にお考えなのか伺います。
再生する
  • 自民党市民会議
  • 大岩 博文 議員
1 佐世保市としての基地振興について
 ○ 佐世保市として、過去から現在に至るまでの国の防衛・
  国防基地としての考えについて
 ○ 基地周辺の地元商業者との共存について

2 鯨瀬ターミナル、宇久ターミナル施設等について
 ○ 鯨瀬ターミナルの工事の進捗と、今後の計画等につい
  て
 ○ 宇久ターミナルの施設であるシェルター等の改修につ
  いて
再生する
  • 緑政クラブ
  • 北野 正徳 議員
1 佐世保市総合戦略策定に向けた取りまとめの状況につい
 て
  第6次佐世保市総合計画をより具体的に、今般の総合戦
 略に組み込むことが肝要であると考えるが、これまでのス
 ケジュール説明では、この6・7月は「それぞれの主体で
 できることを探す」「他者との連携でできることを探す、連
 携の仕組みを検討」となっている。その現状を問うもので
 ある。

2 産業連関表「佐世保版」の作成について
  地域の産業構造を知るツールとして総合戦略の策定にあ
 わせて、産業連関表の作成に取り組む地域もあるようだが、
 総合戦略の立案・策定、さらに成果の検討など、今後にお
 いても産業連関表「佐世保版」が必要ではないか、本市に
 おける取り組みを問うものである。

3 大規模法人農業の誘致、育成について
  企業誘致としてこれまでの機械・技術などの工業系から
 幅を広げ、6次産業化により波及効果の拡大も期待できる
 大規模法人農業の誘致、育成を図ることはできないか。
  本市における大規模法人農業の実態と課題をどのように
 認識するか。
  「中核市になる」とは圏域全体の発展を牽引する中心的
 な役割を担う、ということであるが、特に産業政策におい
 て具体的にどのようなことが考えられるか。圏域の共通項
 は「農」であり、大規模法人農業の誘致をきっかけとして、
 西九州道が延伸し、四通八達の地の利を得、平戸市、松浦
 市と接するこの圏域に農業・農産加工・食料など「食の安
 全」などをキーワードとした産業集積を図り、圏域の発展
 を牽引してはどうかと考えるが、当局の考えを問う。
再生する
戻る